Just another WordPress site

人に自然にやさしい創エネ

発電・省エネ

ガスコージェネレーションシステム(エネファーム・エコウィル)

発電とお湯づくりのしくみ

● エネファーム…家庭用燃料電池
エネファームとは発電機(発電する給湯器)です。
都市ガスから水素を取り出し、空気中の酸素と化学反応させて電気と熱を作りだし、電気はテレビや照明等に使用し、熱はお湯を作り給湯・暖房に利用します。
ガスを使用する機器でありながら、ガスを燃焼させずに化学反応させて使う画期的な商品です。電気を家庭でつくるので、エネルギーのロスが少なく、環境に優しく、経済性にも優れています。

構成機器のはたらき

① 燃料改質装置
都市ガスやLPガスと水蒸気の反応を利用して水素を取り出します。
② 燃料電池スタック
この内部で水素と酸素を化学反応させて電気を発生させます。この時、併せて熱も発生します。
③ 空気供給装置
空気(酸素)を燃料電池スタックに供給します。
④ インバーター
燃料電池スタックで発生させた直流の電気を交流に変え、家庭用として利用できるようにします。
⑤ 排熱回収装置
燃料電池スタックで発生した熱で水を温めお湯にします。
⑥ 貯湯タンク
排熱回収装置でつくられたお湯を貯え、必要なときに供給します。
⑦ バックアップ熱源機
お湯が不足した場合や追い焚きが必要になったときに作動して、湯切れを防ぎます。

● エコウィル
エコウィルは都市ガスを使って、電気とお湯を作るガス給湯器です。
エコウィルはエンジンで発電します。同じエンジンを使用している自動車に例えるとエンジンを回転させる(動力)だけでなく、電気を作ったり、冷暖房をします。
エコウィルはさらに排気ガス等の熱も利用しているので、高効率なシステムです。

コージェネレーションシステムとは

エンジンやボイラーなどの熱源から、動力や熱、電気などを効率よく取り出すしくみのことをコージェネレーションシステムといいます。身近にたくさん走っている自動車もエンジンを回転させることにより車を走らせる(動力)だけでなく、発電機をまわして電気を作ったり、冷暖房をしたりする点ではコージェネレーションなのです。


ご家庭の年間消費電力を削減!

エコウィルは都市ガスを燃料に、エンジンを動かして電気を作ります。エコウィルで発電した電気はテレビ、冷蔵庫等の家電製品に使われる他、発電した時に生まれる熱を有効に使い、給湯・暖房もできる、1台で3役をこなすとっても優れたシステムです。エコウィルは快適に、ご家庭の年間消費電力の削減を実現します。

停電時も安心!

自立運転機能を搭載した機種もあり、万が一の停電時にも約980Wの発電によって、照明やテレビ等、さらには給湯も暖房も使用できるので、安心で快適な暮らしを確保できます。

※ガス・水の供給が必要です。
※自立運転時は電気機器、給湯・暖房あわせて最大980Wの使用が可能です。

自立運転のしくみ

エコウィルの運転/停止に関わらず、ガスの供給があれば停電時に発電運転をすることができます。
停電時はエコウィル専用の自立運転専用コンセントから発電電力が使用できます。
ガス漏れ時連絡先
ガス漏れ時連絡先
ガスが出ない
地震がおきたら
停電がおきたら
ガス器具の故障
PAGETOP
個人情報の取り扱いについて |  サイトマップ
Copyright@HIROSAKIGAS Co., Ltd.
All rights reserved.